電車に関連する職業についている人や実際の職種はいくつかありますが、その中でも電車の運転を行う電車運転士は比較的収入が高い職業として知られています。

ただ実際にどの程度の収入があるのか、その仕事内容に関してよくわからないという人も少なくありません。

そこで今回は、電車運転士の年収や仕事内容、必須資格などを紹介します。

なぜお給料が高いのか?また相場金額はいくら?

様々な職種の平均年収を紹介している「平均年収.JP」によると、電車運転手の平均年収はおよそ651万円となっています。

鉄道会社によって年収相場は異なっているものの全体的に650万円以上とされているところが多く、在来線の電車運転士と比較すると新幹線の電車運転士の方がやや年収が高いという傾向が見受けられます。

このように電車運転士の平均年収が高く設定されている理由として、高い運転技術を必要としている点や責任の重さ、業務の多様化が挙げられているようです。

電車は自動車やバスと比較すると乗車する客の数が非常に多く、安全に対する配慮や責任が求められています。

また乗車率が高く電車本体のバランスを取ることが難しい環境や悪天候の中でも細心の注意を払って運転をしなければいけないなど、高い運転技術と知識が不可欠な職種だと言えます。

ほかにも在来線の場合は車掌が乗っていないワンマン運転も多く、車掌業務やドアの開閉作業、車内放送など運転以外の業務が多くなることも少なくありません。

このような点からお給料が高く設定されているのですが、妥当だと考えている人も多いです。

仕事内容

電車運転士の仕事は、電車を運転して乗客を安全かつ正確、快適に駅まで運ぶことがメインの内容となります。

ただ運転をすればいいというわけではなく、乗車率や天候を踏まえて運転操作を行う必要がありますし、サービス業としての側面もあるので乗客からの要望やクレームがあれば適宜対応していくことになります。

車掌が乗り合わせている場合は乗客の対応はそちらが行ってくれるものの、ワンマン運転の場合は車掌が行う業務もすべて電車運転士が行わなければいけません。

また突発的に事故が起きた場合、事故の状況を分析して乗客の安全を第一とした対応をすることも重要な仕事内容の一つです。

事故以外にも何らかのトラブルが起きた場合にはそれらの対応をしていかなければならず、冷静に判断できる能力が必要だと言われています。

必要資格やスキル

電車運転士になるためには、国家試験を受けて電車運転士の資格を取得しなければいけません。

ただ、未経験でいきなり取得を目指せるというわけではなく、鉄道会社に就職してから駅員として経験を積んだ後に社内試験で車掌となる必要があります。

その後車掌業務を一定期間こなしてから、電車運転士の国家試験を受けるという形になります。

ほかには特に必要な資格はなく、スキルに関しては電車の運転技術や知識はもちろん、サービス業なので接客に関するスキルも必要です。

お金があることで、できることは多い

比較的年収が高い水準を維持している電車運転士は、年収だけではなく福利厚生や待遇面でも安定していることが多いとされています。

待遇面としては残業手当や休日勤務手当なども充実しており、不規則で忙しいけれどもお金があるという人も少なくありません。

このため自分の趣味にお金を使うという人もいますし、家族の旅行資金など家族サービスにお金を使うという人も多い傾向があります。

ほかにもお金を使って自分のやりたいことや勉強のために使っている人も少なくなく、お金を有効利用してやりたいことができるところが魅力と言えます。

高収入=幸せとは限らない

ただここで注意しなければいけないのが、高収入だからと言って必ずしも幸せであるとは限らないことです。

電車運転士は確かに高収入の仕事ではあるものの、その分人の命を預かって運転しているなど責任が重く、仕事内容も運転以外にやらなければいけないことが多くなっています。

また勤務も不規則であったり残業・休日勤務があるなど、自分のペースで仕事ができないという面もあるようです。

ただ責任が重い仕事であるからこそやりがいを感じている人も多いため、その点を踏まえて電車運転士になるかどうか検討することが大切になります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です