公認会計士とは国家資格を取得した者がなる会計の専門家です。

高収入を得ることができ、今後の展望も明るいとされている職業の一つです。

では、具体的に公認会計士の収入はどれくらいなのでしょうか?なぜ高収入を得ることができるのかや、その収入は仕事内容に見合う金額なのかを見ていきます。

また、公認会計士になるために必要な資格も紹介します。

公認会計士は本当に高収入?

公認会計士の平均年収は何と1018万円です。

初任給であっても30~35万円あるとされていて、初年度の年収も500万円ほどあり、普通の企業に勤めている方よりも1.5~2倍の収入があるとされています。

また、公認会計士の中でも役職があり、その役職が上がればさらに高収入を得ることも可能です。

また、自分のライフスタイルに合わせて「非常勤勤務」として働き方を調整することもできます。

人によっては時給8000円以上や日給5万円を超える方もいます。

いつ公認会計士になるかにもよりますが、生涯年収に換算すると一般企業にお勤めの方の2倍も夢ではありません。

(https://www.tac-school.co.jp/kouza_kaikei/kaikei_cpa/kaikei_contents_annual_income.html出典)

公認会計士はなぜ高収入?仕事内容は?

公認会計士の主な仕事は企業の監査業務です。

その他にも税務、コンサルティングなどを行うこともあります。

監査業務では企業などの対象に対して独立した立場から監査をして意見を表明します。

それにより、企業などは財務情報の信頼を得ることができます。

公認会計士は税理士としても登録することが可能なので、税務業務の全般を扱うことができます。

コンサルティング業務においては、経営全般にわたる相談や助言を行います。

また、一般企業の会計士として活躍している方もいます。

経営全般のエキスパートなので、社会的ニーズは高まっている職業です。

このように会計士には多くの業務があります。

対象となる企業などによって必要な法律の知識や専門知識が大きく変わります。

さらにそれらの情報は常に更新されていくので、最新の情報に精通している必要があります。

最近では外資系企業も増えてきているので語学力が必要となることもあります。

様々な業務を行っていく上で、公認会計士には常に向上心を持ち、学ぶ姿勢が必要となります。

資格を取るだけでなく、その後の努力も続ける会計士には高収入の仕事の依頼も多くなります。

ですので、向上心を持っている方にとってやりがいのある仕事です。

公認会計士の必要資格やスキルは?

公認会計士になるためには国家資格に合格しなければなりません。

ただ、試験を受験するための受験資格はなく、だれでも受験することができます。

学校に通わずに通信教育や独学で受験する方もいます。

試験対策のために2~4年ほどかけて学習するのが一般的です。

試験は1段階2回あり、短答式試験と論文式試験があります。

そして、試験に合格したら2年以上の実務補修を受ける必要があります。

その後、日本公認会計士協会による修了考査があり、内閣総理大臣の確認を受けたら公認会計士となる資格を得ることができます。

また、開業するためには公認会計士名簿に登録して日本公認会計士協会に入会しなければいけません。

高収入の罠に気を付けて!

給料の少ない人と比べて考えると、高収入であることは魅力的です。

お金があれば家や車を買い、自分の生活にゆとりを持たせることができます。

さらに、結婚して子育てをする上での出費を賄うことができ、自分たちの老後の心配もいりません。

自分の欲しいものや将来への蓄えのためにも高収入であることは望ましいことと言えます。

安定した生活や将来への不安のない生活をするうえで、お金が必要なのは事実です。

その一方で、高収入を得ていても中には幸せな生活を送ることができていない方もいます。

仕事に追われて家庭を顧みなかった結果、収入はあっても家族がバラバラになってしまうということがあるかもしれません。

自分のライフスタイルをどうしたいのかをよく考えて職業選択をすると、より良い生活を送ることができます。

ですが、ライフスタイルは変化していきます。

そのような時に、公認会計士の資格を取って経験を積んでいけば、その時の自分のライフスタイルに合わせて仕事を調整することができるのが公認会計士の魅力の一つです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です