歯医者は私たちが健康的に過ごすために欠かせないものであり、大半の人は歯科医師にお世話になっているでしょう。

そんな人々の生活を支える歯科医師も高収入な職業として知られています。

そこで歯科医師がどうして高収入なのか、歯科医師はどんな仕事をするのか、そして歯科医師になるにはどんな資格が必要なのかについて解説します。

歯科医師の給与相場は?

基本的に医師と呼ばれる職業は高年収であることで知られています。

歯科医師も同様であり、どれくらいの年収を稼げるのでしょうか。

歯科医師の給与相場は大体450万円~800万円と幅があります。

その理由としては、一般の総合病院に勤務する勤務医の場合と自分で独立して開業する開業医で収入に差があることが考えられるでしょう。

勤務医の場合、公立の病院だと公務員、それ以外の病院だと一般の会社員と同じで勤務年数や経験に応じて年収が決まります。

それに対して、開業医の場合は自分で自由に給料を決めることができることから、顧客を確保することさえできれば年収1000万円を超えることも可能です。

(出典:https://careergarden.jp/shikaishi/salary/)

歯科医師の仕事内容は?

歯科医師の仕事内容は虫歯や歯周病などの口腔内の治療に加え、虫歯予防のための検診などがメインとなります。

また、近年では審美歯科と言ってインプラントや歯の矯正など歯の見た目を良くするための施術に特化した歯科も増えてきています。

都市部だと審美歯科の需要が高いことから、審美歯科に特化した歯科も多いです。

それに対して地方だとまだ審美歯科は定着していないことから、一般の歯科で審美歯科も取り扱うケースが大半となっています。

また、子供のうちの歯科予防は大人になってからの歯の健康にも大きな影響を及ぼします。

しかし、子供の中には一般の歯科が怖くてなかなか通えないという子も多いです。

そこで子供の歯科治療に特化した小児歯科も需要があります。

一般の小児科と同じように大体中学生~高校生以下を対象としており、歯が成長する段階の子供のうちに矯正をしたいという親も多いことから、小児歯科は虫歯予防のための検診・虫歯治療・矯正がメインとなります。

歯科医師になるためには?

歯科医師になるためのルートは一般の医師と大体同じではありますが、歯科医師の場合は医師ではあるものの医学部ではなく歯学部へ進学する必要があります。

歯学部は医学部がある大学もしくは歯科に特化した大学に設置されており、そこで6年間勉強して大学を卒業し、歯科医師国家試験に合格して1年以上の臨床研修を行うことでやっと歯科医師として働けるようになります。

しかし、歯科医師の数は年々増えていることから歯科医師国家試験の難易度もそれに伴って上昇しており、歯科大学を卒業できても国家試験に合格できないという人が増えているので、歯科医師を目指す場合は注意が必要です。

また、歯学部は難関学部なので現役で合格できずに他の学部へ進学してしまった人も多いでしょう。

そんな時には編入という選択肢もあります。

編入は学部の人数に応じて変動するため、年度によっては行われない年もありますが、大体は毎年行われており、特に2年次へ進級する場合の編入試験は多くの大学で開催されています。

基本的に歯学部は1年次に基本教養、そして2年次以降から専門的な内容を学ぶことから、2年次の編入なら周りにも追いつくことが可能です。

したがって、歯学部への編入を考えているなら大学生になってすぐに編入試験へ向けた準備をすべきでしょう。

それに加え、社会人になってから歯学部へ編入するという選択肢もあります。

既に大学を卒業して社会人として働いてから編入する場合、大体は5年生からスタートとなるので、歯学部対策に特化した予備校などで基礎を身に着けてから編入試験に臨むこととなりますが、キャリアチェンジのために社会人で編入を狙う人も多いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です